WindowsServer2012でiSCSIホスト設定

Last-modified: Tue, 03 Nov 2020 13:15:16 JST (328d)
Top > WindowsServer2012でiSCSIホスト設定

Windows Server 2012 R2にて、iSCSIホストの設定メモです。

  1. サーバーマネージャーより、iSCSIをクリックします。
    iscsi-15.jpg
  2. 役割と機能の追加ウイザードを起動しろと言われるのでクリックします。
    iscsi-14.jpg
  3. サーバの役割の選択画面が表示されます。自動的にiSCSIターゲットサーバにチェックが入っていますので、そのままインストールします。
    iscsi-13.jpg
  4. インストールが開始されます。
    iscsi-12.jpg
  5. 再起動後、無事インストールが終わりましたら、再度サーバマネージャよりiSCSIをクリックします。
    すると、iSCSI仮想ディスクウイザードを開始してくださいと言われるのでクリックします。
    iscsi-11.jpg
  6. iSCSI仮想ディスクを保存する場所を選択します。
    iscsi-10.jpg
  7. 仮想ディスクに名前を付けます。
    iscsi-09.jpg
  8. 容量を指定します。
    iscsi-08.jpg
  9. iSCSIターゲットを割り当てます。ここでは新しいiSCSIターゲットを割り当てます。
    iscsi-07.jpg
  10. iSCSIのターゲット名を入れます。
    iscsi-06.jpg
  11. アクセスサーバ(つまりiSCSI接続先)の情報を入れます。追加ボタンをクリックします。
    iscsi-05.jpg
  12. 下にある選択した種類の値の入力にチェックを入れ、IPアドレスを選択。接続先サーバのIPを入れます。
    ここは名前解決できるのならDNSでもいいです。
    iscsi-03.jpg
  13. 接続に認証を要求することが出来ます。今回はお試し環境なので認証なしにします。
    iscsi-02.jpg
  14. 確認画面が出ます。
    iscsi-01.jpg
  15. 完了します。その後自動で作成した仮想ディスクの初期化が実行されます。
    iscsi-00.jpg

Counter: 137, today: 1, yesterday: 1

このページの参照回数は、137です。