Zabbix3エージェントの自動登録

Last-modified: Sat, 02 Jul 2016 19:29:55 JST (478d)
  • ここでは、CentOS7にZabbix3エージェントを導入します。
    ついでに、Zabbixエージェントによる自動登録の設定を行い、エージェントの自動登録を行います。
  1. 自動登録する際、サーバのホスト名が使用されますので、Zabbixサーバで登録するサーバのホスト名がユニークであることを確認します。(localhost.localdomainのままだと、ほかのサーバとぶつかるのでちゃんと登録すること)
  2. Zabbixエージェントのリポジトリを登録します。
    rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.0-1.el7.noarch.rpm
  3. Zabbixエージェントをインストールします。
    yum install zabbix-agent
  4. 自動起動設定します。
    systemctl enable zabbix-agent.service
  5. Zabbixエージェントによる自動登録するため、エージェントの設定をします。
    vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
    
    Server=<ZabbixサーバのIPアドレス>
    ServerActive=<ZabbixサーバのIPアドレス>
    #Hostname=Zabbix server # 自動登録では使用しないのでコメントアウトする。
    HostnameItem=system.hostname # 自動登録時サーバのホスト名を使用する設定です。
    HostMetadata=webserver #自動登録の際に、テンプレート割り付けや、ホストグループを設定するためのキーワードになります。 構成に合わせて任意の文字列を設定してください。
  6. 設定を反映するためにサービスを再起動します。
    service zabbix-agentd restart
  7. 次にZabbixサーバの設定をします。
    1. Zabbixサーバにログインします。
    2. [設定]-[アクション]の画面でイベントソースに[自動登録]を選択し、[アクションの作成]をクリックします。
      agent-01.jpg
    3. アクションの[名前]を設定します。その後、[アクションの実行条件]をクリックします。
      agent-02.jpg
    4. 新規条件で[ホストメタデータ]を指定し、エージェントでHostMetadataに指定した文字列を設定します。
      この設定により、エージェントを識別できますので、異なるテンプレートを適用したりできます。
      ※忘れずに[追加]リンクをクリックして、[アクションの実行条件]ボックスに登録してください。
      agent-03.jpg
      1. 正しく追加されると、このようになります。
        agent-04.jpg
    5. 同様に、アクションを追加していきます。エージェントを特定しましたので、特定したホストを追加するアクションを設定します。[アクションの実行内容]をクリックします。[新規]リンクをクリックします。
      agent-05.jpg
    6. 実行内容のタイプから[ホストの追加]を選択し、[追加」リンクをクリックします。
      agent-06.jpg
    7. 同様に登録するホストグループを設定します。[新規]リンクをクリックし、実行内容のタイプから[ホストグループに追加]を選択します。[ホストグループ]に所属させたいホストグループを入力し、忘れず[追加]リンクをクリックします。
      agent-07.jpg
    8. 同様に登録するリンクグループを設定します。[新規]リンクをクリックし、実行内容のタイプから[テンプレートとのリンクを作成]を選択します。[テンプレート]に所属させるテンプレート名を入力し、忘れず[追加]リンクをクリックします。
      agent-08.jpg
    9. 設定が終わったら、[追加]ボタンをクリックし、設定を登録します。
      agent-09.jpg
    10. こんな感じで登録されます。
      agent-10.jpg
    11. しばらくすると、自動登録されます。
      agent-11.jpg

Counter: 759, today: 2, yesterday: 1

このページの参照回数は、759です。