rbenv環境構築

Last-modified: Sun, 11 Jun 2017 20:53:57 JST (66d)

CentOS6にrbenvでRubyをインストールする手順メモです。

Vagrant上での環境を想定しています。

  1. gitをインストール
    sudo yum install git
  2. rbenvをインストール
    git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
  3. 環境変数などセット
    echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
    echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc
    source ~/.bashrc
  4. rubybuildをインストール
    mkdir -p ~/.rbenv/plugins
    cd ~/.rbenv/plugins/
    git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git
  5. 必要なパッケージをインストール
    sudo yum install gcc make openssl-devel readline-devel zlib-devel bzip2 patchutils
  6. インストール可能なRubyバージョンを表示
    rbenv install -l
  7. Rubyをインストール
    rbenv install 2.3.1
  8. デフォルトのRubyバージョンをセット
    rbenv global 2.3.1
  9. Rubyのバージョン確認
    ruby -v

rbenvのアップデート

$ cd ~/.rbenv
$ git pull origin master
$ cd ~/.rbenv/plugins/ruby-build
$ git pull origin master

Counter: 230, today: 1, yesterday: 0

このページの参照回数は、230です。