Zabbix2でサーバグループごとに通知を分ける

Last-modified: Sat, 02 Jul 2016 20:05:05 JST (410d)
  • Zabbix2(おそらくZabbix3でも同様の手順で可能)で、サーバグループごとにアラートメールの通知先を分ける方法です。

サーバグループの作成

  • まずは通知を分けるサーバのグループ分けを行うためのサーバグループを作成します。
  1. Web画面にログインし、設定をクリックします。
    01.jpg
  2. 右端にある[ホストグループ]の作成ボタンをクリックします。
    02.jpg
  3. グループ名にサーバグループ名を設定します。
    グループに所属したいサーバを選択し、保存ボタンをクリックします。
    03.jpg
  4. こんな感じでサーバグループが作成されます。
    04.jpg

通知先ユーザの作成とユーザグループの作成

  • まず初めに、振り分ける通知先のユーザを所属させるユーザグループを作成します。
  1. [管理]から[ユーザ]をクリックします。
    05.jpg
  2. 右端にある[ユーザグループの作成]ボタンをクリックします。
    06.jpg
  3. グループ名にユーザグループ名を入力します。
    このグループに所属させるユーザがアラート専用であれば、Webインターフェースへのアクセスを無効に設定します。
    次に[権限]をクリックします。
    07.jpg
  4. [読取専用]の下にある[追加]ボタンをクリックします。ポップアップで表示された中から、対象サーバグループを選択します。
    08.jpg
  5. ユーザグループとサーバグループの関連付けが完了しました。引き続いてユーザを作成します。
    09.jpg
  6. 右端のプルダウンより[ユーザ]を選択し、[ユーザの作成]ボタンをクリックします。
    10.jpg
  7. ユーザを登録します。グループの箇所は追加ボタンをクリックし、作成したユーザグループを選択します。
    パスワードや言語は良しなに設定します。
    通知するメールアドレスを登録するために、[メディア]をクリックします。
    11.jpg
  8. [メディア]タブより[追加]リンクをクリックします。
    12.jpg
  9. 新規メディア画面の通知先に通知するメールアドレスを入力し、[追加]ボタンをクリックします。
    13.jpg
  10. メールアドレスが登録されました。複数ある場合はユーザを作ってもいいですし、メアドを複数登録してもいいです。
    14.jpg
  11. ユーザが登録されました。
    15.jpg

アクションの作成

  • ここまでで、通知するサーバをまとめたサーバグループ、およびそのサーバグループを参照する権限を持ったユーザグループ、通知先ユーザの作成まで完了しました。
    最後に、実際に通知を行うアクションの設定を行います。
  1. [設定]タブから[アクション]をクリックします。
    16.jpg
  2. 右端にある[アクションの作成]ボタンをクリックします。
    17.jpg
  3. [アクション]タブにある名前に適当なアクション名を入力します。
    デフォルトの件名およびメッセージは、通知されるメールのタイトルおよび本文になりますので、通知内容がわかるような文言を追加しておきます。
    [アクションの実行内容]タブをクリックします。
    18.jpg
  4. [アクションの実行内容]タブより、[新規]リンクをクリックします。
    19.jpg
  5. [ユーザグループに送信]にある[追加]リンクより、先ほど作成したユーザグループを登録します。
    また、[次のメディアのみ使用]でEmailを選択します。
    設定が終わったら忘れず一番下の[追加]リンクをクリックします。
    20.jpg
  6. このように、アクションの実行内容に追加されます。保存ボタンをクリックします。
    21.jpg
  7. アクションが登録されます。
    22.jpg

Counter: 197, today: 2, yesterday: 0

このページの参照回数は、197です。