ZABBIX3サーバのインストール

Last-modified: Sat, 02 Jul 2016 19:28:25 JST (410d)
  1. タイムゾーンをJSTにしておく(インストール時に設定済みならスキップ)
    apt-get install systemd-services
    timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
  2. NTPをインストール(インストール済みならスキップ)
    apt-get install ntp
    1. NTPの設定
      /etc/ntp.confを修正
      
      #server 0.ubuntu.pool.ntp.org
      #server 1.ubuntu.pool.ntp.org
      #server 2.ubuntu.pool.ntp.org
      #server 3.ubuntu.pool.ntp.org
      server ntp1.jst.mfeed.ad.jp
      server ntp2.jst.mfeed.ad.jp
      server ntp3.jst.mfeed.ad.jp
    2. 設定を反映する為にサービスを再起動
      /etc/init.d/ntp restart
  3. Zabbix3のリポジトリをインストール
    wget http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/ubuntu/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_3.0-1+trusty_all.deb
    dpkg -i zabbix-release_3.0-1+trusty_all.deb
    apt-get update
  4. MySQL5.6をインストールする。
    wget http://dev.mysql.com/get/mysql-apt-config_0.7.3-1_all.deb
    dpkg -i mysql-apt-config_0.7.3-1_all.deb
    ↑
    ここでMySQL5.6を選択
    apt-get update
    apt-get install mysql-server
  5. MySQLの文字コード設定
    /etc/mysql/my.cnfの[mysqld]セクションに
    character-set-server = utf8を追記、
    [client]セクションに
    default-character-set=utf8
    を追記。
    1. 設定を反映するためにサービスを再起動
      serive mysql restart
    2. mysql_secure_installationを実行。基本的にYでOKだが、RootのPWは既に変更済みのはずなのでスキップする。
    3. Zabbix用のデータベースと接続ユーザを作成する。
      mysql -uroot -p
      create database zabbix character set utf8 collate utf8_bin;
      grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'zabbix-passwd';
      FLUSH PRIVILEGES; 
      exit
  6. PHP5.6をインストール
    apt-get install software-properties-common
    locale-gen en_US.UTF-8
    export LANG=en_US.UTF-8
    add-apt-repository ppa:ondrej/php5-5.6
    apt-get update
    apt-get install php5
    1. php.iniの設定
      vi /etc/php5/apache2/php.ini
      
      date.timezone = Asia/Tokyo
      mbstring.language = Japanese
  7. Zabbix3をインストール
    apt-get install zabbix-server-mysql zabbix-frontend-php
  8. データベーススキーマをセット
    cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql
    zcat create.sql.gz | mysql -uroot -p zabbix
  9. データベース接続情報を設定ファイルにセット。該当設定をコメントアウトして設定する。
    vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
    
    DBHost=localhost
    DBName=zabbix
    DBPassword=zabbix-passwd
  10. Zabbix3のWeb画面で日本語が選択できなくなるので、日本語ロケールの設定を追加する
    localedef -f UTF-8 -i ja_JP ja_JP
  11. Web画面でグラフが文字化けするので、フォントを追加、設定します。
    apt-get install fonts-vlgothic
    dpkg-reconfigure zabbix-frontend-php
  12. Zabbixサーバサービス起動
    service zabbix-server start
  13. Apache再起動
    service apache2 restart
  14. FireWallの設定を行う。(オプション)
    ufw allow 10051
    ufw allow http
    ufw allow ssh
    ufw enable
    1. 設定した内容を確認
      ufw status verbose
  15. Webフロント(http://<ServerAddr>/zabbix)へアクセス。
    01.png
  16. サーバの動作要件チェックが走ります。すべてOKならNext stepをクリックします。
    02.png
  17. データベースの設定をします。
    03.png
  18. Zabbixサーバのホスト名やポート番号を設定します。基本的に触らなくてOKです。
    04.png
  19. サマリが表示されます。
    05.png
  20. インストールが完了しました。
    06.png
  21. ログインします。Zabbix2系とデフォが違うので注意です。(ID:Admin/PW:zabbix)
    08.png
  22. Web画面の日本語化をします。
    1. Administrationをクリックします。
      10.jpg
    2. Usersをクリックします。
      11.jpg
    3. Adminをクリックします。
      12.jpg
    4. 初期パスワードを変更します。また、LanguageをJapaneseにして、Updateをクリックします。
      13.jpg
    5. ブラウザをリロードするか、ログインしなおすと、日本語化されます。
      09.png
  23. アラートメールの設定
    1. 管理からメディアタイプをクリックします。通知手段としてはEmail以外不要なので、JabberとSMSのステータスをクリックし無効化します。
      14.jpg
    2. Emailの設定をします。Emailをクリックします。
      15.jpg
    3. 通知する発信元メールアドレスの設定をします。通常ローカルのSMTPサーバを使用しますが、外部のSMTPサーバを使用する場合は適宜設定します。
      16.jpg

Counter: 404, today: 2, yesterday: 2

このページの参照回数は、404です。