RuboCopをVimで使う

Last-modified: Sat, 02 Jul 2016 17:04:46 JST (530d)
  • Rubyでコードを書いているときや書いた後、コードを整形したい時があります。
    Rubyでコード整形するツールであるRoboCopを使ってみます。
    ここでは、vimとRuboCopを連携させます。
  1. ここを参考に、

    /.rubocop.ymlを作ります。

  2. Dein.vimというvimのパッケージ管理を入れます。
    curl https://raw.githubusercontent.com/Shougo/dein.vim/master/bin/installer.sh -o /tmp/installer.sh
    sh /tmp/installer.sh ~/.vim/dein
  3. 表示される内容を.vimrcに追記します。
  4. .vimrcに追記した " Add or remove your plugins here:の下あたりに下記追記します。
    call dein#add('scrooloose/syntastic')
    
  5. .vimrcを上書き保存し、再度vimを起動します。
  6. :call dein#install()でプラグインをインストールします。
  7. rubocopをインストールします。
    gem install rubocop
  8. .vimrcの最後に以下追記します。
    let g:syntastic_mode_map = { 'mode': 'passive',
               \ 'active_filetypes': ['ruby'] }
    let g:syntastic_ruby_checkers = ['rubocop']
  9. .vimrcを上書き保存する。
  10. 適当なrubyスクリプトを読む又は書く。
  11. :SyntaxCheckまたは:wでRuboCopによるチェックが走ります。(若干ラグがあります)
  • 既存のコードをRuboCopでチェックする
    rubocop hoge.rb
  • RuboCoopで指摘された箇所を自動修正する
    • ただし、整形以外にもメソッドやハッシュの変換もするので、整形後のプログラムが動作しなくなることがあります。
      rubocop -a hoge.rb

Counter: 429, today: 1, yesterday: 0

このページの参照回数は、429です。