Docker for Windowsについて

Last-modified: Sun, 31 Jul 2016 15:15:58 JST (382d)

ついにWindows版Dockerが出ました

動作要件は以下の通りです。

  • OS:64bit版Windows 10 pro, Enterprise and Education (1511 November update, Build 10586 or later)
  • Hyper-Vが動作する環境であること

ここに注意点が書いてありますので、インストール前に一読しておきましょう。

今のところ、Dockerのネットワークは全てのユーザアカウントで共用されるようですね。
あと、Hyper-Vを有効化すると、VirtualBoxなどが動かなくなります。その場合、VirtualBoxイメージをDockerに変換できるよ。的なことが書いてあります。

インストールについて

インストール手順については、説明ページにスクショ付きでありますので省略します。
Hyper-Vが有効でなければ、有効化するために再起動されます。

マウントについて

Dockerクライアントで実現できていなかった、共有ディレクトリのマウントができるようになっています。

share-drive.png

このように、設定画面で共有設定したいドライブにチェックを入れ、アクセス権のあるユーザを入力しますと、
こんな感じでマウントができます。

docker run -it -v "d:/docker/sample directory":/tmp ruby bash

なお、スペースが入らないパスであればダブルクォーテーションで囲まなくてもよいです。
また、相対パス指定は出来ないようです。
作成されるファイル権限はこんな感じです。

permission.png

Authenticated Usersというのにつくようですね。

トラブルシュート

  • インストールし、Dokcerが起動しても、DockerのバージョンがAPIと違うよ。的なメッセージが出て動作しないことがあります。
    これは、Dockerクライアントを先にインストールしていると起こりました。
    環境変数も含めいったん削除したうえで、再度Dockerをインストールすると動作するようになります。
  • 時々サービスの起動にコケることがあります。まだ少し不安定なようですね。
    その場合は、設定の中にあるResetからRestert Dockerで再起動させると大抵直ります。
    reset.png

では、楽しいDockerライフを。


Counter: 360, today: 3, yesterday: 1

このページの参照回数は、360です。