初期構築時に有料版ClearDBを使用する

Last-modified: Mon, 15 Dec 2014 14:59:30 JST (975d)
  1. Azure新ポータルにログイン。「新規」をクリック
    website-01.png
  2. 「すべて」をクリック
    website-02.png
  3. 検索窓に「mysql website」と入力。出てきた「Website + MySQL」をクリック。
    website-03.png
  4. 「作成」をクリック
    website-04.png
  5. 新ポータルでは、リソースグループと呼ばれる、サーバ資源をまとめる単位が出来ています。
    このWebsiteにリソースグループ名を付けます。
    website-05.png
  6. データベースより、データベース名を入力します。
    website-06.png
  7. 価格レベルから、適当なClearDBプランを選択します。(プラン名まで日本語になっているのはご愛嬌)
    ここでは、Venus(金星)を選択します。
    • 注意として、ここで有料プランを選択すると、マーケットからの購入となり、
      Azure無料枠関係なくClearDBの月額費用が請求されます。
    • Azure登録時にクレカ登録など、決済手段の登録をしていないとエラーになるようです。
      website-07.png
  8. 場所をクリックし、日本リージョンを選択します。
    website-08.png
  9. 法律条項をクリックし内容を確認の上OKをクリックします。ここでOKしないと作成できません。
    website-09.png
  10. OKをクリックします。
    website-10.png
  11. WEBサイトをクリックし、WEBホスティング プランからすべての価格レベルを参照をクリック、
    Webサイトの価格プランを選択します。
    website-11.png
  12. 場所から、日本リージョンを選択します。
    website-12.png
  13. 作成をクリック。しばらくするとWebサイトが使えるようになります。
    website-13.png
  14. 以下の様なメールが来て、Azureに登録したクレカへClearDBの費用が請求されます。(Azure無料枠対象外)
    cleardb.png

Counter: 549, today: 1, yesterday: 0

このページの参照回数は、549です。